守り方が違う

大切なモノやヒトを守りたい。
誰しもが、そう思う。

でも、大事なことは、
その守り方は、ひとつじゃない。
さまざまある。
そういうことを理解しなくちゃならないんだ。

大切なモノやヒト、これらを
自分の近くで守りたい。
自分の力で守りたい。
それは、それで守り方のひとつであり、
素晴らしい。

でも、自分から離れて、遠くで
守る。見守る。
自分の力でなく、他人の力で
守る。そんな守り方もある。
そんなふうに思うんだ。

確かに、大切なヒトやモノだから、
自分の範囲で守りたい。
できれば、自分の力で、守りたい。
そう思うのは、当たり前である。

しかし、自分の遠くのほうが、
他人の力を借りたほうが、
大切なモノやヒトが輝く。
本来の光を放つ。
そんなふうに考えることもできるんだ。

自分の力で自分の近くで、
大切なモノやモノを置いておくことで、
気づいたら腐ってしまう。
そんなことだってあるのだから。

大切なモノやヒトには、
それぞれの守りかた、育み方がある。
つまりは、そういうことなんだ。
  • 20201125103245690.jpg

この記事へのコメント