後楯「うしろだて」

後楯とは、 陰にあって、
助けたり守ったりすること。
また、その人や物事をいう。

いつの間にか、後楯を求めて
学んできた。
そんな自分に気づくんだ。

学歴とか学校歴とか、
今考えれば、後楯を得るために、
躍起になって学んでいた。
そんな自分がいたんだ。

できるだけ大きくと安定した
企業に入ろうなんて、
今考えると、より安心安定な会社という
後楯を得るために、
腐心していた。そんな自分に気づいたんだ。

でも、本当は、その後楯が、
自分の人生をとっても窮屈にしていた。
そんな事実に気づきはじめた時、
自分の人生が、自分らしい方向に
動きはじめたんだ。

後楯を求めて生きてきて、
後楯に守られて生きてきたから、
気づかなかったことに、
気づいてきたんだ。

真の安定とか安心とかって、
いったい何だろうか?
それは、十人十色、人それぞれ違う。
違っていい。
そんな時代になってきた。

まずは、自分の後楯を
見つめてみる。
そこから、何かが生まれてくる。
つまりは、そういうことなんだ。



  • 20200525074607615.jpg

この記事へのコメント