本質はあふれている

世の中に本質をついた言葉や行動は
あふれている。
であるのに、自分自身、そういうものに
気づかないできたのはなぜだろう?
そんなことをふと考える。

人生振り返ると、自分が出逢ってきた
本質をつく人は、地に足のついていない、
そんな輩ばかりだったから、
素直に受け入れられなかった。
そのことに気づいたんだ。

現実の仕事が滞る、あやふやで、
おぼつかない。口先ばかり。
そんなヤツに限って、
本質をつく言葉を浴びせかけてくる。

だから、腹ただしく思っていたんだ。
自分の凝り固まった人物への偏見が、
強烈なフィルターになって、
本質の言葉をブロックしていた。
そういうことなんだ。

でも、年月がたって、
自分の価値観が変わると、
最低最悪と信じていた人物が、
最高ランクになっている。
本質ついていたな❗️って見直している。
人物評価なんて、そんなものである。

ここで大事なことは、
人物の格付けランキングではない。
自分への教訓だってことなんだ。

やっぱり地に足つけた、
現実に即した生き方をしなくちゃ
ダメってことなんだ。
そうしないと、どんなに本質をついていても、
誰も耳を傾けてくれない。
バカにしてくる。それが、現実だってこと。
彼らが、それを教えてくれたんだ。

同時にまた、自分への戒めである。
偏見を持って人に接しちゃいけない。
人を評価しちゃいけない。
その人の言葉にきちんと耳を傾けるんだ。
そうしないと相手も自分も傷つけてしまう。
つまりはそういうことなんだ。
  • 20190818214202500.jpg

この記事へのコメント