自分に疑問をもつ

自分に疑問をもつ。
これは、大事なことである。
自分の能力を疑うとか、
そんなことじゃない。
自分に対して素朴に疑問をもつ。
そういうことなんだ。
「なぜ高いところが恐いのか?」とか、
「なぜ足に怪我が多いのか」とか、
「なぜ漠然とした不安をもつのか」とか
「なぜ目標があると安心するのか」とか、
「目標がないと不安になるのか?」とか、
「なぜに周りが見えなくなるくらい
のめり込むのか」という
自分に対しての素朴な疑問なんだ。
自分の当たり前が他人にとっては
当たり前じゃない。
自分の心や身体は唯一無二、
オリジナルなんだ。
でも、説明書がない。
これまで、見よう見まねで自分を
扱ってきたが、そんなやり方じゃ
限界がきた。そういうことなんだ。
ゆえに、自分だけの心や身体。
こいつをメンテナンスする、
自分だけのやり方が必要なんだ。
そのためにまず、自分に疑問をもつ。
そこから、自分を知るってことが、
はじまる。そういうことなんだ。




  • 20190815121059126.jpg

この記事へのコメント