頑固者の流儀

頑固とは、かたくなで、
なかなか自分の態度や考えを
改めようとしないことをいう。

頑固なヤツは、他人の言うことを
素直に聞かない。だから、仕方ない。
痛い目に遭うしかないんだ。

痛い目に遭って、素直になる。
他人の意見を受け入れる。
痛い目に遭って柔らかくなる。

そうやって自分らしくなって
ゆけるんだ。だから、結果的に、
痛い目に遭ったことに感謝できるんだ。

でも、痛い目に遭っても、
頑固をやめない。自分流にこだわっている。
もっと頑なになり、誰かのせいにする。
そんなヤツもいる。

そういうヤツは、仕方ない。
誰かのせいにして、誰かに依存して
他人の人生を生きる。
これしかできないんだ。

誰しも、人生で痛い目に遭う。
でも、それを受け入れて、
感謝できるかどうかの違いは
いったい何だろう?と考えてみる。

両親、家系、そして家族。
自分の置かれた環境を受け入れている。
自分の置かれた宿命に
感謝できているか否か?
やはり、この一点にある。

頑固者でもかまわない。
自分の宿命を受け入れて、
それに感謝できる。
そこに意味を見いだすことができる。

自分らしく生きるってことは、
そういうことなんだと思う。





  • 20190813154849586.jpg

この記事へのコメント