自然治癒力

自然治癒力とは、
人間・動物などの心身全体が
生まれながらにして持っている、
ケガや病気を治す力・機能を
広くまとめて指す表現。
手術を施したり、
人工的な薬物を
投与したりしなくても
治る機能のことである。
自然治癒力が、正常に働けば、
病気や怪我になっても、
対症療法は必要ない。
でも、自然治癒力が弱いと、
対症療法が必要になる。
だから、日頃から、
自然治癒力を高める習慣が
大切になる。
食事をはじめとして、
自然なものを取り入れ、
五感を癒し、
自律神経を整える
必要がある。
ありのままの自分に戻ることが
自然治癒力につながる。
人生に直面する
問題解決も同じ。
自然治癒力が必要だ。
そのために、
本来の自分とつながるんだ。
そのためには、
家族とつながること。
それが、命綱となり、
自然治癒力が発揮される。
家族の絆という
命綱があれば、
どんな困難な問題でも、
叡智が授かり、解決するんだ。

  • 20190211224104047.jpg

この記事へのコメント