ストップモーション

ストップモーションとは、
映像を静止させること。
映像の演出技法の1つで、
主に映画のエンディングや
劇中でスチルカメラの
シャッターを押した
瞬間などで使用される。
自分という人間を
知ってくると、
自分の無意識な言動に
違和感を感じるようになる。
自分のダメさ加減が出た瞬間、
ハッと気づき、
ストップモーションをして、
巻き戻して、自分の言動を
その場で確認する。
自分を修正したり、
自分を責める必要はない。
ただ、自分で
思わず出た自分の本音を、
確認すれば良いんだ。
自分の崩れやすい
ポイントを知り、
その原因を突き詰める。
こんな作業が、
自分を見つめる
ということなんだ。
どうにもならないどん底の時が、
ありのままの自分を
つかまえる最高の時なんだ。
言い訳できない
謙虚な自分になっているからだ。




  • 20190211173100679.jpg

この記事へのコメント